初心者だからこそ量をこなそう。完璧主義は意味がない

こんにちは、きたむーです。

BUYMAを初めたばかりの方、出品作業は進んでいますか?

この質問をコンサルさせていただいている方や教材を購入してくれた方に同じ質問をしていると、ほとんどの人が「NO!」と返ってきますw

理由を聞いてみると

・この商品が売れるか分からない

・どんな画像がいいのか分からない

・商品コメントはこれでいいのか分からない

というのが多かった悩みです。

 

リサーチをして、この商品は売れそう、買い付け先を見つけた、利益も取れそうだってところまでは進むのに、なぜかその先に進めないってことです。

上記3点を考えすぎるがあまり、出品するのが潜在的にめんどくさい作業、嫌な作業になってきてしまっているようで。

 

そこで、僕が話すのは

「まだまだデータが足りない状態なので、どんどん出品していきましょう。」

「100%売れる商品、売れる価格、画像なんてものは分かりません。」って言うようにしてます。

 

せっかく出品するんだから売れる商品を出したい、売れる状態にしたいって強く思いすぎってことです。

売れると確信を持っていた商品が売れないこともありますし、これはどうかな?って思ってた商品が爆発して数十個売れたりすることもあります。

 

では、具体的にどのような手順で僕が進めていたかを書きますので、参考にしていただければと思います。

商品リサーチについて

まずは人気順リサーチを徹底的に繰り返して欲しいと思います。

このリサーチを繰り返すことで、BUYMAで売れている商品も分かってきますし、このブランドの人気アイテムって何なのかも見えてきます。

バッグは◯◯カラー、△△サイズ、□□のときによく使う人が多い。

財布は◯◯折りが一番人気。

アウターは◯◯タイプが好まれる。 みたいな感じです。

僕はブランドどころかファッションにも疎かったので、リサーチしながら、出品しながら人気アイテムの共通パターンを見つけていきましたw

見方としては、最近売れたアイテムとブランドだけで検索して120件表示の1ページ目をざっと見てもらえれば、そのブランドの人気アイテム、つまりカテゴリも見えてきますから、ライバルの状況を見ながら攻めるのはありです。

 

画像加工はモデリングして検証していこう

画像加工も悩んでいたり、めっちゃ凝ったキレイな画像を作る必要はないです。

人気上位の商品画像がどういった傾向にあるのか分かってきます。

見れば見るほど、どんな画像にしたらいいのか迷ってしまった人は下記のようないくつかの画像を組み合わせたものにしてきましょう。

慣れてきたら、自分だけのオリジナリティある画像加工にシフトして目立つようにしていきます。

 

商品コメントは盛り込んで

商品コメントもライバルショッパーを参考、買い付け先の商品情報を元にして記載すればいいですが、目的はお客様の検索に引っかけるということと、欲しいと思っているお客様の購入への後押しをしてあげること。

 

商品画像、コメントについては長くなってしまうので、また別の記事でw

 

ひとまずは売れているライバルたちがどのような画像加工で、どのようなキーワードを入れてコメントを書いているかを観察すればOKです。そこで、このキーワードは使えそう。と感じたらドンドンとメモをしておいて、自分も使えるようにしておけばコメントのレパートリーが広がります。

 

完璧にようとするほど手が止まる

出品イメージがついてきました?

上記の手順を100品~300品繰り返しながら、出品した商品のほしいもの登録やアクセス数を確認して、なぜ、この商品はアクセスが集まっているのか、欲しいもの登録されたのか、受注できたのか、、、

結果について仮説を立てて検証、仮説→検証→仮説→検証→・・・を繰り返していけばリサーチ&出品精度があがり、そこまで大量の出品をしなくてもよくなってくるので、頑張っていきましょう!

月収100万円リアルタイムノウハウ

月収100万円を目指す人向けのノウハウを配信中!

・最新SEOを大公開

・外注化で自動収益

・副業の方法についての相談

僕が半自動で毎月収益を上げているノウハウをお伝えしています。

*ブログ記事で詳しく聞きたい人もLINEからご連絡ください。

↓友だち追加はこちら

おすすめの記事