Googleアドセンスの審査通過した方法【2019年12月版】

こんにちは!きたむーです。

Googleアドセンスに5記事で2ブログとも1発合格できましたので、この記事では下記3点について書いています。

・どんな記事を書いたか

・どういう点に気をつけたか

・審査までにかかった日数

どんな記事を書いたか

パソコン

アドセンス審査に通した記事はこの2つ。

ブログ1:「子ども連れでも遊べるスポット」を紹介している記事。

ブログ2:「旅行先で楽しめる場所と方法」を紹介している記事。

日記ブログのような書き方ではなく、1つのテーマを持って記事をまとめておくほうがGoogleの求めている「ユーザーが求めている答えを返す」という考えに近いと考え、このようにしました。

どういう点に気をつけたか

ここはGoogleアドセンスのポリシーを確認していただければ記載されているのですが、僕が気をつけた点をまとめてみました。

画像(著作権)について

最も審査で引っかかりそうだなと感じたのは著作権。

今回も子連れで遊べるスポットの写真、旅行先での写真などを使いましたが、キャラクターが写っている、他人の顔がはっきりと写っている画像というのは使わないようにしました。

キャラクターというのは商品にプリントされているものも含みます。

引用や出典などでURLを書けばいける?とも思ったのですが、無理してまで使いたい画像はありませんので、それはしませんでした。

なので、記事内の画像のすべてが建物の写真、風景の写真、料理の写真になっています。

文字数について

1記事の文字数は900文字~1100文字程度。

Googleアドセンスの審査の通し方を書いているブログのように2000文字や3000文字は書いていません。

文字数が重要ではなく、オリジナルコンテンツ&人の役に立つ内容であればよいと思っています。

コンテンツの内容について

「人の役に立つ」を意識して書き始めました。

ブログ1は子連れのお母さん目線にたち、お子さんが1日中飽きることなく過ごすことができるかという点を重視。

たとえば、1スポットで朝から晩まで遊ぶには子どもに取ってつらいものがあります。すぐに飽きてしまいますので笑

記事構成
・メインスポットの情報
・周辺で家族でゆっくりとランチを食べれる場所
・周辺にある遊べるスポット

これらを時系列で書くことで、1日の流れをイメージしやすい構成にしました。

特に小さなお子さんがいらっしゃる場合は食事する場所に結構気を遣うことになるので、店内の雰囲気や子どもが食べれるメニューがあるかなども含めました。

文字数は1000文字いかないぐらいですが、画像は1記事に5枚ぐらいはいれています。

審査までにかかった日数

時計

Googleアドセンスの審査にかけたのは月曜日の朝。

そのときは4記事だけかいている状態にして、火曜日の朝にもう1記事追加してマメに更新されているブログであることをアピールしました。

ただ、結果的に火曜日の夕方には合格通知が。。

審査期間は1日半です。

きたむー
すぐに合格通知がきたので驚きました。

さきほどのマメに更新されているように見せるということも考えて、実はプラス3記事ぐらいは用意していたのですが、あっさりと合格となりました。

アドセンス合格後はアフィリ

Googleアドセンスの審査に合格したら、アフィリエイトも進めていきましょう。

オススメはVODのアフィリエイトです。

成約ハードルが高くない上に報酬単価も高く、承認率も100%近い案件がほとんどです。

ぜひ、挑戦してみてください。

この記事のまとめ

僕だけでなく、Twitterなどでもリサーチしていると2019年10月ごろから「一発合格」という言葉をよく目にします。

もしかしたら、今(2019年12月ごろ)が審査に通りやすい時期なのかも。。

アドセンスに挑戦しようと思っている人がいましたら、文字数も記事数もそこまで増やす必要はありません。

4記事書いたら、すぐにでもアドセンス審査にかけてみましょう!

 

PS.

実は記事はすべて外注さんに書いてもらいました。

僕は見出しや画像などはこちらで用意しただけです。

月収100万円リアルタイムノウハウ

月収100万円を目指す人向けのノウハウを配信中!

・最新SEOを大公開

・外注化で自動収益

・副業の方法についての相談

僕が半自動で毎月収益を上げているノウハウをお伝えしています。

*ブログ記事で詳しく聞きたい人もLINEからご連絡ください。

↓友だち追加はこちら

おすすめの記事