FX専用VPSがオススメ!自動売買専用のパフォーマンスと価格で大満足

当記事はプロモーションを含みます

FX自動売買を運用したいけど、どこのVPSがいいのか分からない。

とりあえず安くて稼働できるサーバーがあればなー。

 

この記事ではきたむーが実際にFX自動売買を運用しているFX専用VPSを紹介します!

*価格、仕様などは2023年5月現在のものです。

最新情報は公式サイトでご確認ください。

FX専用VPSでオススメは?

株式

オススメのFX専用VPSはABLENET(エイブルネット)です。

何が他のVPSと違うのかというと、FX自動売買に特化したVPSであるということ。

VPSとは
「バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual Private Server)」の略。仮想空間にあるパソコンを使えるように考えればOK!24時間つけっぱなしにできるのEA運用には最適です。

メモリ増量中

同じ価格帯でも他の国内VPSサービスよりメモリが多い

EA運用中にパソコンが重くなったりすればエントリー、ポジション決済に影響が出てしまいます。

サクサク動くほうがEAも最高のパフォーマンスをしてくれます。

25年以上の実績

大事なお金を運用しているのですから、安定してEAを稼働させたいですよね。

長年に渡り利用されている実績があるので安心して運用できます。

稼働率は99.99%です。

申し込みから運用開始までが早い

クレジットカード支払いなどで済ませて、早ければ1時間程度でVPSを使えるようになります。

RDSライセンスが必要

リモート接続するにあたりVPS料金とは別に1,250円/月の利用料金がかかります。

サーバー価格は抑えられていますので、そこまで気にする必要はないかなと思います。

FX専用VPSのオススメプランは?

プラン選択

ここではエイブルネットを含めた他の国内VPSのプラン、料金などを見ながら比較してみます。

どれもFX自動売買を運用できるWindowsOSのものになります。

今回はエイブルネットと同じメモリ2GB程度のスペックプランで比較してみましょう。

ABLENET お名前.com Conoha
プラン名 Win1 プランスタートアップ 2GB
初期費用 0円 0円 0円
月額 1,936円 3,135円 2,360円
CPU 2コア 2コア 3コア
SSD 60GB 60GB 100GB
メモリ 2G 2.5G 2G
稼働MT4 2個 2個 2個

こうやってみるとABLENETとConohaがよさそうに見えますね!

ただConohaもRDSライセンス(月額770円)が必要になりますし、まだ歴史が浅いのがデメリット。

エイブルネットのように99.9%の稼働保証は書かれていませんでした。

そこは24時間フル稼働の自動売買のことを考えると重要なポイントになりますよね。

 

どのプランがオススメ?

初めは1つだけテスト的にFX自動売買を運用していたのでお名前VPSの1.5GBプランでした。

しかし、動きがもっさりしていることやMT4数が増えると運用に悪影響があると思いエイブルネットに変えました。

MT4推奨個数4個である3.5GBプラン(月額2,513円~)をオススメします。

 

理由としてはひとつの自動売買に50万円入れて運用するよりも

EA①(想定月利30%):20万

EA②(想定月利10%):30万

のようにリスク・リターンを考慮、また分散投資することで破綻リスクを減らすことができます。

 

また、パソコンのメモリ、容量には余裕を持たせておくほうがスムーズにエントリー、利確できます。

推奨MT4稼働数よりも少し大きめのメモリ容量をチョイスすることをオススメします。

FX専用VPSまとめ

いくつかFX専用VPSとしてサービスを提供しているところを挙げてみました。

僕のオススメはエイブルネットです。

価格も最安値クラスでありながら安定性もバツグンです!

 

迷っている人はエイブルネットFX専用VPSでEA運用はじめましょう↓↓

 

きたむー
VPS契約、EA設置なんてめんどくさい!毎月払いたくない!

って人はこちらで運用しましょう。VPS契約せずに運用開始できます。

公式LINE追加でプレゼント

アフィリで独立を目指す人へプレゼント!

・PPCアフィリのノウハウ
・クローズドASP
・最新アフィリノウハウ など

おすすめの記事